あなたの街の会社設立の専門家をご紹介する総合サイト

会社設立専門ガイド

占聖学 / 株式会社 壺中天地

全国対応

画像1


画像2

住所
東京都渋谷区幡ヶ谷2-8-10
リッシェル幡ヶ谷1002号室
対応エリア
全国
電話
03-5388-9352
※電話連絡の際は、「会社設立専門ガイド」を見たと一言お伝え下さい。
営業時間
ご相談・お問い合わせの営業時間
9:00~18:00(平日)
定休日 土日・祝日・年末年始
(土日・祝日鑑定は事前予約で承ります)

鑑定方法(選択可)
対面鑑定(東京・幡ヶ谷の事務所)
電話鑑定(日本全国)
出張鑑定(ご要望に応じて:直弟子外崎克浩)
代表者
樹門幸宰(じゅもんこうさい)

1934年、青森県生まれ。

樹門幸宰を名乗る前、50歳までの私の人生はまさに波乱に富んだものでした。
実の両親の早世、教師生活(数学教師)の後に設立した会社の倒産など、不幸続きの自分の人生を何とかできないものかと真剣に悩んだ末に現在の道を歩みだしました。
既存の占いでは満足できず、教壇生活のかたわら、独自に20年にわたり研究をし、この占術を創りあげました。

その間、数えきれぬほど多くの人から運命や運勢についての相談を受け、命名や改名を引き受けました。その人がなぜそういう運命になるのか、なぜそうした生き方しかできないのかは、この世の現象の多くが実は隔世してくる"魂(精神的遺伝子)"に起因していることに気付いたとき、この占いは一挙に進展を見たように思います。
同時に、これまでの占いとは一線を画す、新しい領域に踏み込んだものと強く確信しています。
それゆえに人生を真剣に考え、より良い人生を目指す方をお待ちしております。
メッセージ
プロの姓名判断占いであなたの起業、独立をサポートいたします。
まずは代表者の方のお名前と(設立候補の)会社名を鑑定してみませんか。

この占術の根幹は“継続は力なり”で、健康の継続、経済の継続、愛情の継続のすべてが繋がることを良しとしています。

同様に、企業にとって大切なことは、安定した状態が末永く続くことです。
そして、それこそが樹門流占術が良しとするところです。

小さなオフィスから始まり、時を経て、ビルを構える安定企業へと成長するか、 同志が集まり意気揚々と起業したにも係わらず、僅かな期間で閉鎖するか、 一旦は莫大な利益を得たものの、末は見る影もなく衰退するか。
どのケースも元をたどれば、代表者の「運命」と会社の「運命」に行き着きます。

起業の意図は一度きりの人生をよりよいものとすることではないでしょうか。
そのためにはあなたの運勢が良くなければいけません。
この占術は「総画数がいくつだからどうなる」という単純なものではありません。

『商号』とは、単に企業が自己を表示する名称ではなく、創業者の運勢と合わせ鏡のようになっています。つまり、創業者の運勢が継続する場合は会社名も継続する運勢を持っている、というのが普通です。ということは、規模の大小や業務の内容に係わらず、その明暗は創業時に既に決まっているのです。

逆に経営が芳しくないということは、創業者自身の運勢、もしくは会社の運勢のどちらかに継続性がなかったという結論になります。
また、代々継続されてきた会社でも三代目にして憂き目に遭うのは、会社の運勢と三代目の代表者の運勢の不一致が原因でそのケースを引き起こします。
鑑定はあなたの人生を(ひいては会社の社員も)好転させるためのスタートラインとなることでしよう。
アクセス
京王新線幡ヶ谷駅 北口より徒歩1分
リンク
オフィシャルサイト
起業・独立と運勢の十字路
魂ゆら占い 樹門幸宰
facebookページ

相談お問合わせ

料金の目安
※鑑定料金には違いがありますが、占術方法や内容に違いはありません。

●樹門幸宰(創始者)
会社セット鑑定(80,000円~)
・代表者(1名毎):30,000円
・商号(会社名):50,000円
会社鑑定の内訳は代表者様と商号の鑑定が必要となります。
鑑定時間は約60分前後です。

●外崎克浩(直弟子占い師)
会社セット鑑定(25,000円~)
・代表者(1名毎):10,000円
・2名様より:5,000円
・商号(会社名):15,000円
会社鑑定の内訳は代表者様と商号の鑑定が必要となります。
鑑定時間は約60分前後です。
その他
樹門(じゅもん)流姓名判断であなたの起業、独立をサポートいたします。
鑑定には創業者のお名前と会社名の鑑定が必要となります。

占い師は創始者 樹門幸宰、直弟子の外崎克浩の東京本部をはじめ、神奈川にも直弟子の占い師もおります。ぜひご検討ください。
地図

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 不動産鑑定評価のご案内 土地家屋調査士のご案内 不動産コンサルティングのご案内 税理士新聞に掲載されました 会社設立Q&A 会社設立QRコード