あなたの街の会社設立の専門家をご紹介する総合サイト

会社設立専門ガイド

藤田筆跡解析鑑定所

全国対応 相談無料

画像1


画像2

住所
富山県富山市高田527
富山県総合情報センター内
対応エリア
全国
電話
080-2955-2643
※電話連絡の際は、「会社設立専門ガイド」を見たと一言お伝え下さい。
営業時間
午前9時から午後6時
日・祝日、年末年始を除く
代表者
所長・鑑定人  藤田 晃一

1947年石川県金沢市生まれ。
 その後富山県高岡市に転居。

1969年東北大学工学部中退。
民間会社で研究開発、製品開発、品質保証を行い、2006年技術コンサルタントとして独立。

2012年藤田筆跡解析鑑定所を設立
現在にいたる。

≪鑑定人としてのポリシィ≫
①いかにそしてわかりやすく鑑定するかが鑑定人の使命である。
②鑑定業界の実態を知った以上、鑑定を行う責務がある。
③鑑定人は鑑定依頼人の意向に拘わらず、正確に事実を鑑定しなければいけない。

≪鑑定実績≫
①鑑定数 109件
②鑑定書・意見書・反論書の裁判所に提出件数 92件
③現在の鑑定書・意見書・反論書の作成件数 年間25件
メッセージ
≪鑑定手法の特徴≫

デジタル鑑定を主としている。

筆跡鑑定では、筆勢解析、文字の大きさと配置の解析、変動係数による解析、字画形態の解析、記載時期の解析、筆圧痕の定量解析等、印章鑑定 朱肉の成分解析、印影の統計検定等、音声鑑定、声紋によるデジタル解析

以上が主なる鑑定内容で必要に応じて再現試験を実施しております。


≪鑑定の流れ≫

(1)鑑定に関する問い合わせ(無料)
どのような手順で鑑定を進めるかをご説明します。

(2)当鑑定所への鑑定資料(筆者が不明な資料)、対照資料(筆者が明らかな資料)を送付していただきます。
印章鑑定の場合はご本人の印影が対照となります。
音声鑑定はご本人の音声が対照となります。

(3)鑑定が可能か否かの検討
送付いただいた資料で鑑定が可能か否かを解析します。可能の場合は異同診断書作成料金20千円(税別)を請求し、振込確認次第、異同診断に着手します。
鑑定不可能のときは、書面でご連絡します。料金は発生しません。
異同診断書では診断結果にいたった主な根拠を記載します。

(4)異同診断書の作成
異同診断書では診断結果にいたった主な根拠を記載します。
鑑定ご依頼人様では異同診断書到着後、鑑定書作成をするか否かをご検討下さい。
鑑定書作成の場合はお支払済みの異同診断書作成料金を差し引いて、鑑定書作成費用をご請求申し上げます。
振り込み次第鑑定書作成に着手します。

なお最近は弁護士様が裁判開始前に確認のため異同診断書作成を依頼され、その結果により裁判の方針をお決めになっている方が増えています。

(5)鑑定書のお届け
完成しました鑑定書は、レターパックか宅配便、遠方の方には航空便にてお送りします。
海外からの鑑定依頼も承っております。当面は日本語と英語のみです。

(6)その後のフォロー
弊鑑定所はご依頼人様の裁判が終了するまで、フォローいたしますので、気軽にご相談いただいています。

鑑定に時間と費用をかける必要はありません!!
お気軽にご相談ください。
アクセス
※下記地図参照
リンク
オフィシャルサイト
ブログ

相談お問合わせ

料金の目安
料金・お問合せ(平成28年6月10日改訂)
はじめに
鑑定依頼人様から鑑定料金がもっと低額にならないかとの声が根強くあります。
当所では改めて鑑定作業の正確性は無論のこと、効率性と鑑定解析手法の再検討と
複合鑑定の実際について詳細に検証しました。複合鑑定とは筆跡鑑定書と反論書を
同時に作成することと、鑑定資料が3葉以上の場合の解析実態について検証しました。
なお鑑定資料が3葉以上になる場合の統計解析ツールを新たに開発しました。
また相手方からすでに提出されている鑑定書の反論書は、その鑑定人の解析手法について7つのポイントがありますので、その中で相手方の鑑定人が間違っている点の指摘を中心に反論します。
このためには相手方の鑑定書がどの程度深掘りして記載しているかが重要なことと
なります。
これらの結果下記の料金体系になりましたので、お知らせします。
なお電話や書面による相談は無料です。面談希望の方は電話にて日時の予約をお取り
ください。
1.消費税は別途申し受けます。
2.異同診断書作成料金をお支払済みで、簡易鑑定書や鑑定書の作成を依頼される方は、
  異同診断書作成料金を差し引いて、ご請求申し上げます。
3.異同診断書作成料金は前払いです。
4.簡易鑑定書作成料金と鑑定書作成料金は当所が着手時に該当金額の半額、鑑定書到着後5営業日以内に残額をお支払いただくことに改訂いたしました。
5.各書類作成納期は下記のとおりですが、ツール等の開発が伴うときは別途納期をご連絡申し上げます。
6.納期が逼迫しているときは事前にご連絡下さい。

料金表(鑑定資料が1葉のときの料金です)
(1)印章鑑定
   ① 異同診断書            2万円(納期10日)
   ② 鑑定書             12万円(納期3週間)
(2)署名鑑定
   ① 異同診断書            2万円(納期1週間)
   ② 簡易鑑定書            6万円(納期3週間)
   ③ 鑑定書             12万円(納期1ヵ月)
(3)怪文書鑑定
   ① 異同診断書            2万円(納期10日)
   ② 簡易鑑定書            8万円(納期3週間)
   ③ 鑑定書             15万円(納期1ヵ月)
 (4)遺言書鑑定
   ① 異同診断書            2万円(納期10日)
   ② 簡易鑑定書            9万円(納期3週間)
   ③ 鑑定書             20万円(納期1ヵ月)
 (5)音声鑑定
   ① 異同診断書            2万円(納期10日)
   ② 鑑定書             15万円(納期1ヵ月)
 (6)同一筆者の記載時期鑑定
   ① 異同診断書            5万円(納期2週間)
   ② 鑑定書             15万円(納期1ヵ月)
 (7)意見書(相手方弁護士への反論)
   ① 意見書             10万円(納期4週間)
 (8)反論書(異なる鑑定結果の鑑定書に対する反論)
   ① 反論書             15万円(納期1ヵ月)
 (9)証人出廷費用(日本国内)
   ① 基本料              5万円(1日当たり)
   ② 別途料金             旅費・宿泊費(1万円程度)実費

注1) 異同診断書には診断結果にいたった主な根拠を記載します。
注2) 鑑定資料が2葉以上6葉までの場合は、簡易鑑定書・鑑定書の作成料金は1葉の2倍の料金を申し受けます。
注3) 鑑定書と反論書を同時にご希望のご依頼人様には、反論書作成料金を3割引きとさせていただきます。
注4) 音声鑑定はCDにて鑑定しますので、音声鑑定をご希望の方は事前にCDへの記録方式についてご連絡いたします。
注5) 印章鑑定を除く鑑定資料・対照資料は白黒コピーかカラーコピーまたはデジタルカメラによる写真を対象とします。
注6) 印章鑑定はカラーコピーかデジタルカメラによる写真をご用意ください。
注7) 斜像写真については、幾何変換をしますので、別途3万円の費用が必要です。
注8) FAXやPDFファイル等での資料の鑑定依頼は正確な鑑定が困難の可能性がたかいので、ご遠慮申し上げます。
注9) その他疑問な事項についてはお気軽にお尋ねください。相談は無料です。
その他
当鑑定所は平成24年6月に統計検定を使用した新しい鑑定手法の特許出願を期に開所いたし、全国からの鑑定依頼を承ることになりました。

平成29年6月に鑑定所開設満5ヵ年を経過したところ、この間多数の弁護士様等のご支持により、鑑定依頼件数は120件を超え、最高裁判所や東京高等裁判所、大阪高等裁判所、名古屋高等裁判所、福岡高等裁判所をはじめとして、全国の地方裁判所にに提出した鑑定書・意見書・反論書は90件を超えました。
このうち裁判が終了した74件は当鑑定所の鑑定結果を支持した裁判所が95%を超えており、これまでの鑑定人とは別格の実績となっています。

この陰には、従来の目視による古典的鑑定人の鑑定書を読む機会を得たことと、1930年代に活躍した米国の統計学者や英国の統計学者の文献さらには、統計検定手法を鑑定に応用するに当たり、数々の的確なアドバイスを賜った5名の大学の先生のご尽力を述べない訳にはいきません。
また今から25年前に筆勢をデジタル解析を行なった神戸大学のプロジェックトや筆跡を統計検定しようとした奈良高専の先生方の文献にインスパイアされていることも書き落とす訳にはいきません。

こういった先達方が共通して提供されイノベ―トのきっかけとなったキーワードはデジタル解析である。このデジタル解析は従来の目視によるアナログ解析に対して無限の解析力を秘めているのである。このデジタル解析が当鑑定所の一番の特徴である。

≪鑑定の今後の課題≫
最近コンピューターを使っての偽造文書が裁判所に提出されている。人工知能による筆跡の偽造が今後予想される。このような時代に如何にして鑑定・解析を行なうかが今後の課題であるといえる。ただし、偏微分方程式や多変量解析・ニューラルネットワーク、人工知能による鑑定は、鑑定書の読者にとってブラックボックスであるので、このような分かりにくい手法での鑑定は避けたいと考えている。
地図

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 不動産鑑定評価のご案内 土地家屋調査士のご案内 不動産コンサルティングのご案内 税理士新聞に掲載されました 会社設立Q&A 会社設立QRコード